主要8カ国首脳会議(G8)が終わりましたね

主要8カ国首脳会議(G8)が終わりましたね

主要8カ国首脳会議(G8)が終わりましたね

北アイルランドで開かれていた主要8カ国首脳会議(G8)が終わりましたね。
日本のアベノミクス経済政策はサミットで感心を集めていたようですが、結局メインテーマとなったのは、内戦が続くシリア情勢でだったようです。
日本の国際的立場は、小泉首相の頃と比べてまだ影が薄いように感じられます。
しかし今の日本の金融政策に感心があると言うことは、各国の経済状況もあまり良くないということなので、日本が先陣を切って金融緩和策を国内で行うことで、各国がその恩恵にあずかろうとしている思惑が見えてきます。
ただ財政再建については国内外から注文がついたようです。
世界的に見ても異常な国の借金を背負っている日本の財政は、これからの期待とともに、いつ改善されるのかと心配されているようです。
ですが私個人の考えでは、健全な財政策を打ち出すことはもちろんですが、それ以上に国内の景気を回復させることを優先するために、消費税アップの延長と多少の借金はするべきだと思います。
あとはどれだけ現政権が政治と経済を上手く動かせるかなのですが、それは結局我々国民の支持次第です。
どんなことがあっても、私たちは政治に経済に無関心になってはいけません。
今は久々にきたチャンスなのですから、確りと見なくてはいけないのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ