折り畳み傘が苦手な私

折り畳み傘が苦手な私

折り畳み傘が苦手な私

私は最近「折り畳み傘って本当にすごい発明だ!」と思うようになりました。
何せあんなにたくさんの骨がついていて、広げると人一人が余裕をもって入れる大きさになるのに、畳むと元の大きさからは信じられないほどコンパクトになりますよね。
とくに最近の折り畳み傘はどんどん軽量化され、手のひらにすっぽりおさまるほどのサイズになっていますから、いつも折り畳み傘を使うたび、よく考えられていると、本当に感心してしまいます。
そしてそんな折り畳み傘なのですが、実は私は、上手くきれいに畳むことができないのです。
どうしても上手く行かず、器用な友人が折り畳み傘を見事にすっきりと折り畳んでいる光景を見るたびに「よくあんなに小さく元通りに畳めるものだ」と感心してしまいます。
普段から不器用な私は、雨で濡れた傘を付属の収納袋に収めるのも苦手で、友人の器用な手先が本当に羨ましいと思います。
でもそのような不器用な私ですが、稀に偶然上手く畳めることがあります。
ですがそうなると、今度は次に雨が降った時に、せっかくきれいに収まっている傘を再び開くことに、思わず躊躇してしまうのです。
普段から上手くやれれば、こんなことは思わないのでしょうね。


ホーム RSS購読 サイトマップ