すれ違ったお婆さんの薄毛

すれ違ったお婆さんの薄毛

すれ違ったお婆さんの薄毛

いつの日かはわからないくらいに前のことなんですが、地元の小さなショッピングモールで3人ほどのおばあさんとすれ違いました。
そのときに思ったのですが、三人のうち二人が少しボリュームが減っていて、一人のお婆さんだけが違和感の無い髪型をしていたので余計に目についてしまいました。そのお婆さんたちは大して気にしていない様子であったし、そこまあで歳をとっている感じではなくて元気そうでした。
だから私も何も気にせずにいたのですが、一緒にいた友達が「あんな風に頭薄くなるの嫌だね」と何の気なしに呟きました。やはり、ボリュームのない髪型はもう薄いんだなぁ、と改めて思いましたし、私があのぐらいの歳になったらこんな風に思われるのかと思うと少し嫌でした。
でも私の中で印象に残ったのは、女性の髪が薄いっていうのは結構精神的に追い込められるようなイメージが浮かぶのですが、お婆さんたちは楽しそうで、見られているのはわかってるはずなのに何も気にせず純粋に楽しんでいる姿がとても心が温かくなりました。
頭が薄くなってしまうのはやっぱりいやですが、周りの目を気にして家を出なくなるとかはしたくないので、なってしまうのならば、もう開き直って自分らが楽しく過ごせたらいいな、と思っています。


ホーム RSS購読 サイトマップ